木のおもちゃの選び方 > 赤ちゃんの木のおもちゃ

赤ちゃんの木のおもちゃ

赤ちゃんが口に入れても安全な木のおもちゃ。
大人が触っても心地よいものは赤ちゃんも心地よいものです。


赤ちゃんは生まれてすぐは視力が0.1と言われています。
しかし色の判断はつきますので明るい鮮やかな、はっきりした色合いのおもちゃは目で追うことができます。
また、聴覚も新生児のときからしっかりしていてさまざまな音を聞き分けることができます。特に高く・響く音に興味を示すようですよ。
さらに嗅覚はより敏感です。キライな匂い・臭いと思ったものには顔をしかめたりといやがります。
味覚としては、赤ちゃんは辛いもの・すっぱいものが苦手です。甘いものが好きなのだそうです。苦手な味を口にしたら、反射的に飲みこむようですが、いや~な顔をするそうです。
触覚も敏感で周囲の温度をしっかり感じています。ですからお母さんのぬくもりが安心できるようです

赤ちゃんの五感の発達にはもちろん親の愛情は大切ですが、おもちゃにもこだわりたいですね。

安価なおもちゃはたくさんありますが、最近木のおもちゃが人気の理由はこのような赤ちゃんを第一に考えてのことではないでしょうか。

赤ちゃんが口にいれても安全であること。
あたたかい木のさわり心地。
木のやさしい匂い。
木のぶつかり合うやさしい音。
木の重み。

木のおもちゃは赤ちゃんの感性を豊かに育みます。
最近の中国製品の不信などで、より商品の安全性が求められています。
大切な赤ちゃんにこそ、より信頼・安心できるおもちゃを与えたいものですね.